私が子供の頃なりたかったもの

私が、子供の頃に、なりたかったもの、それは、一つは、スチュワーデスでした。この名前は、今は、使われてはいないかもしれませんが、親しみのありますネーミングですから、使わせていただきます。
私は、密かに、身長を伸ばすために、姿勢を正しましたり、家の中で、誰にも見られないところで、竹で作られました長い定規を、背中の中に入れました。その長さは、1メートルは、ありませんでした。50センチも、実は、ありませんでした。勝手に、これで、私の身長が伸びると思ってしまっていました。
他には、整体に行きました。こちらで、体を伸ばします体操、施術は、有効だったかもしれません。先生、トレーナーのような方は、専門の勉強をされたようでした。
黒いパンプス5センチぐらいの歩きやすそうな、爪先を締め付けないタイプのものを、おしゃれな少し値段の高い靴専門店や、デパートで、ゆっくりと見て回り、足を試し入れをしましては、より歩きやすいものを、購入しました。
これを履きまして、さっそうと歩きだせば、背が高くなります。これは、有効な考え方、名案に思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です